初めて白色申告やってみた!メリット、デメリットは?


白色申告とは何か?青色申告と何が違うの?

白色申告とは個人事業主が確定申告をする際の申告の種類の事です。確定申告には白色申告と青色申告の2種類があり、白色申告は38万円の基礎控除しか受けられませんが、青色申告だと基礎控除プラス特別控除の10万円か65万円が受けられるのです。(10万円の特別控除は簡易簿記、65万円は複式簿記の場合)ただし、白色申告では簡易簿記という簡単な帳簿付けでいいのですが、青色申告になると複式簿記というちょっと複雑な帳簿付けをしないといけなくなります。

メリット、デメリットは?

白色申告のメリットと言ったらやはり、帳簿付けが簡単なことですね。何月何日に入金がいくらあった、支払がいくらあったということを帳簿に付けて、ちゃんと領収書を保管しておけばOKです。また青色申告では開業届を提出しないといけませんが白色申告ではその必要はありません。

デメリットはやはり基礎控除の38万円しか受けられない事でしょうか。まだ個人事業主になったばかりであまり売上がなければよいですが、ある程度売上が入るようになってくると青色申告に変えたほうが特別控除が受けられるのでお得です。

実際に白色申告をやってみて

個人事業主になって初めての年は白色申告でやってみました。実際にどれだけの売上があるかもわからないし、帳簿付けがちゃんとできるか不安もあったからです。しかしそのような心配は杞憂でした。実際には会計ソフトを使っていたのできちんといつ入金があったかを把握し領収書をきちんと整理していたので大丈夫でした。ソフトにきちんと入力さえしておけばあとは自動で計算してくれるからです。

それよりも事業が軌道に乗ってきたら次はいつの時点で青色申告に変えたらいいのかということを考えたほうがいいですね。

確定申告においてあまり細かくお金を管理するのが苦手、という方向けのシンプルな書式の書類を白色申告と言います