実は簡単にできる?!起業のやり方と手続き


起業する前に決めておきたいこと

起業するときにはやりたいことを決めておくことが必要です。起業して何をやるか決めます。商品があるものを売るのか、自分が持っている知識を生かした仕事をするのかなどきちんとやりたいことを決めてから起業の準備を進めます 。全くイメージが湧かないと何ををやっても同じで、事業も成功しにくいので注意します。思い付かないときにはどのような起業方法があるのか、どのような職業があるのかしっかり調べることが大切です。

手続きの種類や書き方

個人が起業して事業主になるためには税務署で手続きを行います。税務署にある個人事業主開業届に必要事項を記入して提出します。開業してから一ヶ月以内に提出することが決められています。提出が遅れても罰則などはありますが、遅くなってしまうと過去の青色申告は認められないので気を付けます。

日付の欄には提出日を、郵送の場合は投函した日を記入します。納税地は会社がある場所に丸をして住所を書き、氏名の部分は本名もフリガナを入れます。印鑑は認印で、個人番号にはマイナンバーを書き入れます。屋号の欄は会社の名前を、所得の種類に事業所得に丸をします。分からないところがあれば職員に確認すると安心です。

また起業をして収入を得たら税金を払います。会社員などは企業が手続きを行ってくれますが、フリーランスになると自分で納税するのです。一年間の収支を記録して、白色申告か青色申告で確定申告をします。起業した場合は節税のためにも青色申告で申告します。

フランチャイズとは事業者と他の事業者が自己の商標やその他経営方式などを用いて同一イメージの商品の販売や事業を行う契約を結ぶ事業形態です。受ける側は見返りとして一定の対価を支払います。