通販事業を拡大する上で直面するEC物流の問題を解決する方法とは


事業が拡大しても一回の売り上げは変わらない

個人が簡単にネットショップを運営することができるようになりました。自分で作った物や、自分が持つルートで安く仕入れた物を販売し、多くの利益をあげている人が大勢います。しかし通販事業を拡大する中でEC物流の問題に直面します。売り上げが上がれば顧客が増えますが、一回当たりの売上額が上がるケースは少ないことから、まずは発送にかかる仕事量が増大してきます。

また同時に商品ラインナップが増えることから事務所や倉庫にキープする商品の量も増えるでしょう。それらの品質を管理することや、どこに何があるかを把握し続けることも難しくなります。

倉庫スタッフを雇うか、委託するか

事業を立ち上げた立場として、売上をあげるための努力や商品開発に力を入れたいところですから、必然的に在庫の管理やおびただしい数の発送を他人に任せることになるでしょう。もちろんスタッフを雇っても良いですが、在庫管理のプロではありませんし、固定給を支払う必要もあります。

そこで、通販物流の委託と言う選択肢があります。多くは物流倉庫の一部を使用し、そこで在庫の管理や発送を行います。在庫量や種類が多くても適切に管理をし、多くの業者では休日の発送も行っています。委託をすることで本来やるべき仕事に時間をかけられるのです。

入出荷体制をチェックして業者を選ぶ

物流を取り扱う企業は数多くありますが、よい物流会社は入出荷体制がしっかりしています。お客様の個人情報や他業者に知られたくないことも取り扱いますので、例えば倉庫の入場の際に認証チェックが行われていることなどが重要になります。値段だけではなく、実際に倉庫を見に行ったり、ネット上の評判も調べておきたいところです。

EC物流とはインターネット上で多数の店舗の商品の入出庫の管理を行います。その過程で行うピッキング作業、商品のラッピングなども業務に含まれます。