自営業のやり方で重要なのは仕事を作り続けること!


仕事を作るために真面目に仕事をする

自営業で大事なのは真面目に仕事をすることです。誠実な仕事ぶりがそのまま次の仕事につながることが多いからです。逆に不真面目だったり、仕事のできが悪かったりすると、次からは呼ばれないことがあります。自営業は毎日仕事があるわけではないので、そのようなことが起きると死活問題になる可能性が高いです。愚痴や文句を言わず、真面目に仕事をしていれば次からも仕事をもらえることは多いでしょう。さらに悪い噂はすぐに広まりますので、悪い噂がたたないようにすることも大事です。悪い噂がたつと次から仕事が来なくなるかもしれません。

仕事が続くように営業をしておく

自営業で忘れがちなことですが、営業は重要です。仕事に自信があるから営業はしないという人は少なくありません。しかし、パタッと仕事がなくなることがあるのです。そんなときの予防線として、新しいお客さんを見つけておく努力は必要でしょう。営業なんてしたことがないという人は、自分のアピールをすることから始めると良いです。できることや実績などをまとめて話すことで、こんなときに使える助っ人として覚えてもらえます。

仕事が多くなったら仲間と分け合う

自営業で仕事が重なることはよくあることです。その仕事が重なったときに仕事を断ってしまっては、次から仕事が来なくなるかもれません。仕事を断るくらいなら、仲間に仕事を振った方がいいでしょう。仲間は仕事を得られますし、取引先は次の行程に進めるわけですから、どちらにとってもメリットがあります。仲間に仕事を振っておくと、自分の仕事なくなったときに仲間から仕事をもらえるかもしれません。

フランチャイズ」とは親会社の加盟店となり、一時金として払う契約料のようなものを支払いながら商売する契約形態です。